2月に読んだ小説一覧
1.「日本人に贈る聖書ものがたり -族長たちの巻- 」
  中川 健一 著

2.「グロテスク」
  桐野 夏生 著

3.「クレージーヘヴン」
  垣根 涼介 著

4.「さまよう刃」
  東野 圭吾 著

2と4は人気作家の作品ですが、さすがに内容の濃い小説でした。ただ、どちらもラストが今ひとつに思ったのですが、、、。過程を読ませるんでしょうか。

3は新進作家の作品。おもしろいんですが、初期から読んでいると、なにか作風が一本調子の気が、、、。それが個性なんでしょうが。

1は今年のトップワン候補です。厚い本で、しかもまだ4分の1。しかし、あの難解な聖書をこれほどおもしろく、平易に小説に出来たことに感嘆します。はっきりいって聖書の世界が拓けました。ただいま第二巻が発売中です。
[PR]
by inac515 | 2005-03-12 23:01 | 読書