6月に読んだ小説一覧
1. 冷たい校舎の時は止まる (上)(中)(下)
      辻村 深月 著

2. 子どもたちは夜と遊ぶ (上)(下)
      辻村 深月 著

3. 世間のウソ
      日垣 隆 著

4. ライヴ
      山田 悠介 著

今月は4作品7冊となりました。が、ハズレの月なりー。

1はメフィスト賞受賞作にてデビュー作です。
デビュー作にしてはよくできてます。だけど3分冊するほどながーく引っ張る作品でしょうか?
これ刊行されたときは、毎月1冊ずつの3ヶ月連続出版だったそうです。
話題性だけかな。
文化祭の日に誰かが自殺した。それは一体誰だったんだというのが、基本的な話の幹なのですが、ミステリーというかはファンタジースリラー? (3.0点/5点)

2は同じ作者の第二作。これまた相変わらず無駄に長い(笑)。
なんかねー、読み進める事はできるんだけどインパクトがないまま終わる。
決してつまらないわけではないのだが、、、。
前作が高校モノ、今作は大学モノ。じゃあ次回はフレッシュマンモノかな。
基本的に女性の書く学園モノは、どーも肌に合わない事がわかったのだ。(3.1点/5点)

3は小説ではありません。新書のドキュメントです。
これはサラッと読めて、結構おもしろかったです。
ただ、どれも嘘くさい事だ、ってわかってることが多かったのが残念。
えっ、こんなウソが!って驚くものがもっと欲しかったな。
「宝くじのウソ」、「自殺報道のウソ」、「男女のウソ」、「人身売買のウソ」、「児童虐待のウソ」、「部活のウソ」、「料金設定のウソ」、「オリンピックのウソ」、「大国のウソ」、「他国支配のウソ」などです。 (3.5点/5点)

4は初めて読んだ作家です。
前から気になってました。「リアル鬼ごっこ」とか、「○○コース」とか。
一言で言いましょう!「装丁で本を買うのはやめましょう!」
すいません、おもしろそうに見えたんです。どれも。
作品の説明もめんどくさいんですが、なんかウイルスの特効薬目指してトライアスロンやる話です。
設定からしてお粗末です。また、展開もつまらん。だって途中のトラップがあまりにヒドいんだもん。文章構成もペケ。結末も当然ドッちらけ。
これ読んでおもしろいと思うのって、普段本読んでない、話のわからん中高生ぐらいではないのか、、、。
この作家、なぜ売れて映画にまでなるのか?謎だ。(1.2点/5点)
[PR]
by inac515 | 2005-07-09 18:20 | 読書