<   2005年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
今日から
サッカーの東アジア選手権が始まります。

今回は海外組は出場しませんが、是非頑張って欲しいです。

それと「なでしこ」の活躍にも期待しましょう!

連日サッカー漬けの日々が始まる、、、。
[PR]
by inac515 | 2005-07-31 08:27 | 雑記
風邪ひきました
かれこれ一週間。

喉の痛みと熱はひきましたが、咳と痰がひどいです。

咳は体力消耗しますね。

さて、もう一回医者行ってくるかな。
[PR]
by inac515 | 2005-07-23 10:16 | 雑記
デ杯もだ!
やりました、男子も!

格上のタイに完勝!
特に今回は貴男の活躍が素晴らしかった。文句なしのMVP。

初日マッチポイントを数度握られてからの大逆転勝ち。これが大きかった。
そして昨日のダブルスと合わせ、3日連続の出場での疲れも見せず、
タイの英雄スリチャパンに6-2,6-4,6-4の完勝!

特に今日はそのサーブの威力が冴えた。
時速200kを越えるファーストサーブが入ると、ほぼ100%に近い確率でそのポイントを奪取。(これは結構スゴいことだよ)
なんか本当テニスが一回り大きくなった。
この調子をなんとか今後のツアーに繋げていってほしい。

あと今回の隠れたMVPは岩淵。
今までのデ杯はなぜか(緊張からか?)、とてつもない潜在能力の半分も出せずに情けなく負ける試合が多かった。
今回のニュー岩淵?はトミーが去った日本チームにものすごく明るい灯をともしてくれた気がした。

消化試合となってしまったが、若手期待№1の添田がシングルス完勝デビューしたのもうれしいニュースだ。
鈴木が負けた場合は本村だったのか、添田だったのか?竹内監督に是非聞いてみたい質問だ。

とにかく、おめでとう!
c0045921_2283580.jpg

[PR]
by inac515 | 2005-07-17 22:10 | テニス
フェドカッププレーオフ ブルガリア戦 最終日
いやー、やってくれました!日本チーム!

森上選手すごい!
中村選手ついにやったね!

有明は何かが起こりますね。
ホント、ファンの声援というのは、選手の力を確実に2,30%はUPさせるよ。
これは確実。

ここはホームの利を生かさずしてどーする。
協会は本当にこれがわかって有明開催にしたのかどうか?
詳しいことはわからないが。
デ杯プレーオフ中国戦然り、
フェドカップ歴史的勝利ドイツ戦然り、
そして今回然り。

とにかく協会関係者は、今回の勝利を深ーく肝に銘じて下さいね。

それにしても今日の二人は最高だったよ!

c0045921_23302076.jpg

[PR]
by inac515 | 2005-07-10 23:30 | テニス
6月に読んだ小説一覧
1. 冷たい校舎の時は止まる (上)(中)(下)
      辻村 深月 著

2. 子どもたちは夜と遊ぶ (上)(下)
      辻村 深月 著

3. 世間のウソ
      日垣 隆 著

4. ライヴ
      山田 悠介 著

今月は4作品7冊となりました。が、ハズレの月なりー。

1はメフィスト賞受賞作にてデビュー作です。
デビュー作にしてはよくできてます。だけど3分冊するほどながーく引っ張る作品でしょうか?
これ刊行されたときは、毎月1冊ずつの3ヶ月連続出版だったそうです。
話題性だけかな。
文化祭の日に誰かが自殺した。それは一体誰だったんだというのが、基本的な話の幹なのですが、ミステリーというかはファンタジースリラー? (3.0点/5点)

2は同じ作者の第二作。これまた相変わらず無駄に長い(笑)。
なんかねー、読み進める事はできるんだけどインパクトがないまま終わる。
決してつまらないわけではないのだが、、、。
前作が高校モノ、今作は大学モノ。じゃあ次回はフレッシュマンモノかな。
基本的に女性の書く学園モノは、どーも肌に合わない事がわかったのだ。(3.1点/5点)

3は小説ではありません。新書のドキュメントです。
これはサラッと読めて、結構おもしろかったです。
ただ、どれも嘘くさい事だ、ってわかってることが多かったのが残念。
えっ、こんなウソが!って驚くものがもっと欲しかったな。
「宝くじのウソ」、「自殺報道のウソ」、「男女のウソ」、「人身売買のウソ」、「児童虐待のウソ」、「部活のウソ」、「料金設定のウソ」、「オリンピックのウソ」、「大国のウソ」、「他国支配のウソ」などです。 (3.5点/5点)

4は初めて読んだ作家です。
前から気になってました。「リアル鬼ごっこ」とか、「○○コース」とか。
一言で言いましょう!「装丁で本を買うのはやめましょう!」
すいません、おもしろそうに見えたんです。どれも。
作品の説明もめんどくさいんですが、なんかウイルスの特効薬目指してトライアスロンやる話です。
設定からしてお粗末です。また、展開もつまらん。だって途中のトラップがあまりにヒドいんだもん。文章構成もペケ。結末も当然ドッちらけ。
これ読んでおもしろいと思うのって、普段本読んでない、話のわからん中高生ぐらいではないのか、、、。
この作家、なぜ売れて映画にまでなるのか?謎だ。(1.2点/5点)
[PR]
by inac515 | 2005-07-09 18:20 | 読書
ウインブルドン
いやー、フェデラー強いっす。

ホント無駄な力が入ってないんだよね。
サーブ然り、リターン然り。
あと、外から回して入るストローク、凄すぎ!

基本的に僕はヒューイットのテニスが好きで応援してたけど、正直途中から勝ち目無いなと思いました。
ハードコートでは多少違ってくるでしょうから、全米での再戦を期待します。


第二試合は第1セット途中で、今日に順延となりました。
渋いですが、ヨハンソン。これまた、昔から私のツボの選手です。

しかし、ここまで勝ち上がってくるとは。
全豪に優勝したときもビックリしたけど、またいきなり決勝進出ですか、なんて事も。

彼の武器はなんと言っても、「コンパクトで鋭いリターン」。
ロディックとは噛み合うと思うので、是非頑張って欲しいな。
[PR]
by inac515 | 2005-07-02 10:20 | テニス