<   2005年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
アスベスト問題
この杓子定規な考え方に、企業の尊大さ、問題への真剣な取り組み方のなさを感じてしまうのは私だけですか?

中皮腫などという特異な病気は、原因がはっきりしている典型的な病気だと聞く。

それがたかが(あえて たかが と書く)何百Mの差で線を引くかなあ。

人をバカにするのもたいがいにしたほうがよい。


クボタ弔慰金支払い拒否 生活圏1キロ超理由に

10月24日(月)午後9時20分





 大手機械メーカー、クボタの旧神崎工場(兵庫県尼崎市)の周辺住民がアスベスト(石綿)関連疾患に罹患(りかん)した問題で同社が、中皮腫で死亡した3人に対する弔慰金支払いを「居住地や生活圏が工場の半径1キロより遠い」として拒否したことが24日分かった。
 支援団体「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」などが明らかにした。死亡した3人(男性1人、女性2人)の居住地は工場の半径1・2-1・7キロほどだったという。同会世話人の古川和子さんは「石綿は軽い物質であり相当な距離まで飛ぶ。もっと範囲を大きくみてもらわないと住民らは救済されない」と指摘した。
[PR]
by inac515 | 2005-10-24 21:59 | 雑記
9月に読んだ小説一覧
だいぶ更新が遅れました(苦笑)。
9月は4冊です。

1. 死神の精度
       伊坂 幸太郎 著

ある時は恋愛小説風に、ある時はロード・ノベル風に、ある時は本格推理風に……様々なスタイルで語られる、死神の見た6つの人間模様。(Yahoo!抜粋)
おもしろかったですねー。
伊坂サンは初めての作家さんでしたが、文章も読みやすい。
なにしろ人間味?のある死に神が最高です。(4.3点/5)

2. 夏の名残りの薔薇
       恩田 陸 著

山奥のクラシックなホテルで、毎秋開かれる豪華なパーティ。その年、不吉な前兆とともに、次々と変死事件が起こった。果たして犯人は…。巧妙な仕掛けで読者に挑戦する渾身の一作。(Yahoo!抜粋)
初恩田陸。すいません、ダメでした。受け付けませんでした。
途中何度もめげそうになりながら頑張ったんですが、最後の結末も消化不良です。
好きな人がいたらゴメンナサイ。当分読まないかと。本の選択を間違えたのかなあ。(2.9点/5)

3. 渋谷ではたらく社長の告白
       藤田 晋 著

インターネット広告代理店・サイバーエージェントの社長が自ら綴った半生記。起業までの道のりや、その後の苦悩を率直に振り返る。(Yahoo!抜粋)

ハヤリの本なので一応読んどきました。やはり小説と違い文章は稚拙でしたが、その生き様には感動しました。とても人間くさい人だと思います。しかし、奥菜恵との離婚後というシチュエーションで読んだため、幸せそうな結婚の描写を読むときは切なくなりました(笑)。(3.5点/5)

4. 弥勒の掌(て)
       我孫子 武丸 

著新本格ミステリの雄が、ついに帰ってきた!ある日突然、妻を殺され汚職の疑いまでかけられた刑事・蛯原。失踪した妻を捜して宗教団体に接触する高校教師・辻。錯綜する事件、やがて驚愕の真相が!?(Yahoo抜粋)

おもしろかったです。この人の作品はむかーしに読んだ記憶があると思ったら長編13年ぶり?とか。僕は基本的に新興宗教が嫌いなので、その手の言葉が入った小説は結構読んでしまいます。今回は教祖像がイマイチでしたが、満足しました。(3.9点/5)
[PR]
by inac515 | 2005-10-16 19:13 | 読書
祝優勝
今月入って怠慢してました。
初投稿です、、、。

最近のニュースで(テニス関係)一番印象深いのは、
やはりジャパンオープンでの「鈴木・岩淵組」のダブルス優勝でしょう。

日本人同士のペアでの優勝は、ツアー史上初となります。

先のデ杯で久しぶりのペアを組んで、日本の勝利に貢献しましたが、
その勢いのまま見事なプレーをしたそうです。

「したそうです」というのは
実際に見てないからです。

僕の知る限りではNHKは、この快挙を放映していません。
自らが放映権を持っているのにです。

今回のツアーはダブルスにおいて、抜本的な改革が行われてほどない大会です。

それは各セット5ゲーム先取、ノーアドバンテージ(ジュースになったら次のポイントを取った方のゲーム)、4-4でタイブレーク等です。

これは日本のペアにスゴい恩恵を与えていると思います。
実力差が縮まるという恩恵です。

一方、真の目的は、近年人気の低迷しているダブルスをスピーディーにおもしろくさせるというのが狙いです。
まさにテレビ放送向けではないですか。

普通のテニス愛好家にとって、テニスをするということはダブルスをするのだと言っても過言ではないでしょう。

そりゃあシャラポワや若い娘の試合も見ていて楽しいですけど、
今回のダブルス優勝は、その何十倍も映像で見てみたい。

とにかくこの優勝は日本男子テニス界に明るい希望として、また偉業として刻まれるべき試合だと思います。


c0045921_11315124.jpg
[PR]
by inac515 | 2005-10-16 11:33 | テニス