<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ついにフェデラー来日!
いやー、ホントに日本に来てくれたんですねー。

ジャパンオープンで生フェデラー見たいなー。

でも、僕のお気に入りのバクダティスがちょっと怪我もよう。

来れないのかなあ、心配。



一昔前は、「セイコースーパーテニス」があって

日本でも名プレイヤーがいっぱい見られたんだけど、、、、、。

懐かしいなあ。

よく見に行った、代々木まで。




c0045921_21581666.jpg

[PR]
by inac515 | 2006-09-29 21:58 | テニス
祝・優勝!!!!!!
新庄泣いた!震えた!日本ハム1位通過


ついに1位通過!!!

うれしいよー


GAORAは偉い!

試合開始から終了、そして新庄引退セレモニー、

優勝記者会見、そしてビールかけまで

ずーーーーっと、11時までノンストップ生中継!

すばらしい!!!



25年ぶりだよ、優勝(泣)。



c0045921_2342842.jpg

[PR]
by inac515 | 2006-09-27 23:42 | 雑記
さあ、王手だ!
<パリーグ>日本ハム シーズン1位へのMナンバー1に

 プロ野球のパ・リーグは26日、レギュラーシーズン1位通過決定の可能性があった西武が、エース松坂でロッテに敗戦。2位の日本ハムはソフトバンクを破り、首位を奪還するとともにシーズン1位へのマジックナンバーを1とした。日本ハムは最終戦となる27日のソフトバンク戦に勝つか引き分けると、1位が決定する。(毎日新聞)


もう、明日は総力戦で!

とにかく、勝てばいいんです!

どうしよう、優勝したら、、、、。


c0045921_22483315.jpg

[PR]
by inac515 | 2006-09-26 22:48 | 雑記
ひとまず良かったな
日本ハム、金村に罰金200万円=プレーオフまで登録も抹消-プロ野球
2006年9月25日(月) 20時30分 時事通信

 日本ハムは25日、ロッテ最終戦(24日、千葉マリン)の試合後「外国人監督は個人の記録はどうでもいいと思っている。絶対に許さない」などとヒルマン監督を批判した金村暁投手に対し、プレーオフ終了時までの出場停止と罰金200万円の処分を科すと発表した。この日、島田利正チーム統括本部長が同投手に処分を通達。出場選手登録も抹消した。
 島田本部長は会見で、「チームを引っ張るべき選手が監督を批判したことが問題。(金村は)チームよりも個人の成績を重視した」と処分の理由を説明した。金村は「個人的な感情で失言してしまった。処分は当然」と神妙な面持ちで語った。
 同投手は5年連続2ケタ勝利を懸けてロッテ戦に先発。3点リードの5回二死満塁、あと一死で勝利投手の権利を得る状況で降板させられたことに怒り、監督を批判した。ヒルマン監督はこの日「間違いは誰にもある。金村はどうしても勝ちたかったのだろう」と述べた。


両者とも大人の対応ですね。

これで一区切りつけて、何が何でも明日からのソフトバンクとの最終2連戦

勝ちましょう!
[PR]
by inac515 | 2006-09-25 21:31 | 雑記
これはマズいよ!
継投失敗で内紛勃発 エース金村が監督批判

 4-1の5回、2死満塁となったところで金村は降板を命じられた。5年連続2けた勝利の権利を得るまであと1死のエースを見切ったわけだが、結果は最悪。代わった押本が走者一掃の二塁打を許して追いつかれた。
 同点の7回には伊藤、岡島が痛打され、痛すぎる逆転負け。前日に続いて継投が裏目に出た。8月中旬以来の連敗で、首位返り咲きを逃した。
 ヒルマン監督は「何とか金村に勝ち星を付けさせたかったが、歩かせて安打を打たれたから仕方ない。救援陣はこういう時もある」とショックを押し隠すように語った。
 この日はただの継投失敗では終わらなかった。今季最終登板の金村は試合後、「絶対許さない。外国人の監督だから個人の記録は関係ないのでしょう。顔も見たくない」と監督批判を繰り広げた。
 金村の投球は、5回途中で8安打と褒められる内容ではない。実際、球団幹部は「監督はよくあそこまで引っ張った。この時期に個人成績をどうこう言うのはおかしい」と口をそろえた。
 25年ぶり優勝へ一丸となるべき時に、エースの身勝手な発言。優勝争いの重圧の中、連敗とともにチームに波紋を呼びそうだ。


これは監督の采配も外国人監督ならではであり、微妙なところです。

実際、歩かせたあとに安打を打たれたわけですし、換え時といえばそうです。

しかし、なにより一番最悪なのが、優勝を一試合毎に争っているこの時期に
こんな発言をしてしまうことです。

そう思っていても、今言うことではありません!

この発言が本当なら、今後の影響がホントに心配です。


ここはすぐにでも謝罪して、逆にムードを一丸になるように盛り上げていただきたい。
[PR]
by inac515 | 2006-09-24 21:46 | 雑記
どうなる?パ・リーグ
我が日本ハムも昨日の一敗で、また足踏み。

逆に西武が俄然有利になってきましたが、ソフトバンクの一位通過は
微妙な展開になってきました。

もう残り3試合をトーナメントの気持ちで勝ちきってください!

お願いしますよ。

でも西武が一位通過なら、日程によっては観戦できるかも、、、、。

日ハム一位だと、さすがに北海道までは行けません。
[PR]
by inac515 | 2006-09-24 09:21 | 雑記
シニアデビュー大会
過日より始まった、某区大会テニスシングルス。

40歳以上というシニア部門でのデビューとなりましたが、

本日、3回戦、4回戦と勝ちましたが

準々決勝で第2シードに負けてしまいました。

勝負所でのミス、追い込んでの打ち急ぎ等

課題山積みです、、、、、。




でも、行けますよ!
[PR]
by inac515 | 2006-09-23 23:26 | テニス
8月に読んだ小説一覧
更新怠ってますたー、、、。

とりあえず6冊。

1. 殺人の門
       東野 圭吾 著

あいつを殺したい。奴のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。でも、私には殺すことができない。殺人者になるために、私には一体何が欠けているのだろうか…。心の闇に潜む殺人願望を克明に描く、衝撃の問題作! (Yahoo!抜粋)

好き嫌いが分かれると思いますが、僕は好きです、こーゆーの。お前、いい加減気づけよっていうツッコミをいれながら、イライラして読むには(?)最高です。 (4.1点/5)

2. ユグドラジルの覇者
       桂木 希 著

華僑の若き総帥"華龍"、娼街育ちにしてEU経済界の女帝、某巨大財閥をバックに持つ米最大IT企業トップ、そして流浪の一日本人と覆面トレーダーの二人組…。混沌のネット経済界を制するのは誰か―?くせ者たちが火花を散らす、タイムリミットの頭脳戦。第26回横溝正史ミステリ大賞大賞受賞作。 (Yahoo!抜粋)

まず、横溝正史の冠に対して、この小説でいいの?なんかホント現在(いまの)小説なんだね。これがおもしろいと思わないと現代人じゃないのかなあ?僕は横溝の小説が好きだから読んだだけなんだけど。 (3.0点/5)

3. 一応の推定
       広川 純 著

轢死した老人は事故死だったのか、それとも愛しい孫娘のために自殺したのか。ベテラン保険調査員・村越の執念の調査行が、二転三転の末にたどり着いた真実とは?第13回松本清張賞受賞作品。 (Yahoo!抜粋)

これは逆に松本清張の冠は正しいだろう。結末は甘いが、とても社会派な推理小説だ。 (3.7点/5)

4. 冬の砦
       香納 諒一 著

凍(い)てつく朝、横浜(よこはま)郊外の高校校庭で女子生徒が全裸死体となって発見された。元警官の桜木(さくらぎ)が真相を追うや、静かな学舎(まなびや)では、教師の学内不倫や生徒の売春を密告する怪文書、用地売却を巡る理事会の軋轢(あつれき)など、黒く濁った泡が浮上する……。 
死んだ佳奈(かな)は十年前、家庭内暴力からの避難施設(シェルター)で大量殺人に遭遇していた。惨劇が遺(のこ)した精神の傷と事件の関わりとは。義父への殺人容疑、脅迫、拉致(らち)暴力殺人と続発するトラブルは、誰が何を狙っているのか。そして遊園地廃墟で待ち受ける破局――。現代社会と人間の心とに潜む「刃(やいば)」を描き続ける著者、渾身のサスペンス。 (Yahoo!抜粋)

まず、学園モノが好きというだけで+評価(甘い)。でも内容は及第点。僕は途中で犯人(?)がわかって興味半減かな。惜しいよ。この廃墟の遊園地は子供の頃よく連れて行ってもらった。結婚して子供が生まれてからも一、二回いったなあ。ほのぼのとして良かったなあ。という感慨も込めて。 (3.6点/5)

5. 拒絶空港
       内田 幹樹 著

離陸時にタイヤがバーストしたパリ発成田のボーイング機は、胴体着陸の可能性とともに日本へ向かっていた。そこへパリから衝撃的な情報が入った。「ド・ゴール空港閉鎖、機内に放射性物質が運び込まれたらしい」胴体着陸に失敗して火を噴けば、「死の灰」を撒き散らすことになる。「地上は俺達を見殺しにするのか!もうどこにも降ろせない!」絶体絶命の状況に飛び出した究極の手段とは。 (Yahoo!抜粋)

おもろい!元パイロットの作家さんです。この緊迫感はホントいいですよ。でも、惜しいのは後半、話が薄くなったこと。これにテロの話をもっと肉付けすれば、もの凄くおもしろくなってたのにー!!パイロットの視点からだけの小説になってしまったのがもったいない。(伏線は十分あるのに) (3.9点/5)

6. 八月の路上に捨てる
       伊藤 たかみ 著

第135回芥川賞受賞作!暑い夏の一日。僕は30歳を目前に離婚しようとしていた。現代の若者を覆う社会のひずみに目を向けながら、その生態を軽やかに描く。 (Yahoo!抜粋)

あたらしもん好きなので、一応読んどきました(笑)。純文学は難しいです。どうやって評価したらいいのかわからないんですけど、これが現在(いま)なんでしょうね。 (3.5点/5)
[PR]
by inac515 | 2006-09-22 00:04 | 読書
大熊うるさいよ!
日本代表、サウジに惜敗しましたが

オシムジャパン、

大熊ジャパンですか?

とにかくうるさすぎです。

この人が代表コーチになってから、ズーっと嫌な予感してたんですけど
ついにです!

何年か前のU-19世界選手権の時も
ウルセー監督だなあとは思ってましたが、
まあ、この世代ならしょうがないか、
でも、誰か選手が「うるせーよっ」って言いそうだなあ
とか思ってましたが。

よく小学生のサッカーチームの監督に
こんな風にずーっと大声で指示?出してる監督を見かけます。

アンタはコーチでしょ!

日本代表の選手たちも、最後は

「おめー、うるせーよ」って感じで

意地でもロングボール上げてなかったように見えるのは

私だけでしょうか?

イエメン戦はおとなしくしててね。

注目して見てください、みなさん。
[PR]
by inac515 | 2006-09-05 22:46 | 雑記